住宅の形のパネル

注目を浴びている炭の家は魅力が沢山|後悔しない家選び

部屋

購入価格の他に

新築一戸建てを宝塚で購入する場合には、返済に無理のない資金計画を立てることが大切になります。住宅を建てる時にかかる税金などの費用や金利の計算を事前に行なっておきましょう。
男性

いくつか所有するのも

神奈川県の相模原エリアは、今後さらに開発が進んでいくエリアで、今は地価が安いという特徴があります。相模原の分譲住宅であれば、安くマイホームを持つことができます。余裕があれば、さらに相模原の不動産を所有し、人に貸すと良いです。

業者や住宅商品の選び方

つみ木

換気性能も重要なポイント

シックハウス症候群への対策効果や空気の清浄効果などから注目を集めている炭の家は、取り扱っているハウスメーカーや工務店も増えています。しかし扱う業者によって施工価格や機能なども異なるため、炭の家を購入にするにあたっては選定のポイントを押さえておくことも重要です。まず重要視したいポイントの1つが、実際に炭がどれくらいの量使われているかです。あまりにも量が少ない場合は炭の効果も期待できなくなるため、住宅の大きさに合わせた量が必要です。日本で販売されている建売住宅の平均的な坪数は40坪前後ですが、その場合は床下に300kg、天井裏にも同様の量が設置されるのが望ましいとの見解もあります。次に炭の家の選定に際して意識したいポイントが、換気機能です。床下や天井裏に炭を設置しても、換気機能でその空気を室内と循環させないと効果は出ません。そのため給気口や排気口の数や位置、換気ユニットの性能などにも着目して、問題のない商品を選ぶことも炭の家の購入で失敗しないためのポイントです。そして最後に重視したい炭の家の選定ポイントが、メンテナンス性についてです。使用する炭袋は取り換えが定期的に必要かどうか、その場合のコストや手間はどれくらいか、また給気口や換気ユニットのフィルター交換の必要期間も知っておいた方が無難です。炭の家は空気清浄効果に加えて、消臭や調湿といった様々な効果があるだけに、購入にあたっては前述のように、炭の量や換気機能、メンテナンスのしやすさなども注目しておくとより満足ゆく選定ができます。

一軒家

住みやすい家作り

福岡県内で注文住宅を建てるという場合、風の通り道を考慮した間取りにする事をおすすめします。風が吹き抜けやすい間取りにする事で、空気が循環し心地いい家となります。また、風が吹き抜ける家は、ニオイがこもりにくい・カビの予防にも効果的です。